妊婦は仕事をいつまでできるか【妊娠初期】

妊娠したけど仕事はいつまで続けられるか【妊娠初期】

働いている女性が妊娠した時にいつまで仕事を続ければ良いのか、妊娠の初期、中期、後期で注意すべき事項がありますが、ここでは妊娠初期の注意事項について説明します。

妊娠中にできる仕事探し>>>妊娠中の仕事の悩み・相談>妊婦は仕事をいつまでできるか【妊娠初期】

妊娠したけど仕事はいつまで?

妊娠したけど仕事はいつまですれば良いのかという疑問を持つ女性は多いようです。

妊娠は、大きく3つの段階(初期、中期、後期)に分けることができますが、まずは妊娠初期の注意事項について説明します。

妊娠初期(1ヶ月~4ヶ月:~15週)

妊娠1ヶ月目:自覚症状ほとんどなし

妊娠初期の1ヶ月目では、お母さんが感じる自覚症状はほとんどありません。

妊娠していることに気付かないため、注意すべき事項などは特にありません。

妊娠の発覚:産婦人科の受診

2ヶ月目に入ってから月経の遅れで妊娠についての疑いを持ち、産婦人科を受診して妊娠が発覚します。

お腹のふくらみやつわりはまだと言う人がほとんどですが、お腹には小さな生命、赤ちゃんがいるという自覚を持って行動する癖をつけることが大切です。

妊娠4ヶ月目:お腹のふくらみとつわり

4ヶ月目に入るとお腹に膨らみが見られるようになり、つわりの症状が始まります。

つわりの症状は人それぞれで異なりますが、症状のひどい人は食べることができなくなったり、貧血になったりすることもあるので、注意が必要です。

流産の可能性が一番高いと言われるのがこの時期なので、体調が悪いときは無理をせずに仕事を休むことも考えましょう。

妊娠届出書を提出し母子健康手帳の交付を受けるのもこの頃です。

妊娠初期のまとめ

つわりがひどい、体調がすぐれないなどの場合は、産婦人科医とも相談して、無理をせずに休暇を取り、身体に負担が掛からないようにしましょう。

妊娠中期の注意事項>>

無添加の葉酸サプリ

妊娠前・妊娠中・授乳中でも安心の無添加の葉酸サプリです。

ママにも、赤ちゃんにも安心の国産野菜育ちの葉酸サプリ、成分も安心安全・高品質、最大限配合しているサプリです。

妊娠中も綺麗でいる努力
矢印
analize